本当にすぐに始められるの?簡単なの?などの疑問にお答え!

倉庫作業と工場作業はすぐに始められます

バイトを探している時に登録制の会社を選ぶと、結局は派遣会社だったりするので実際に採用が決まって働けるようになるまでに10日程度かかってしまうことも珍しくありません。実は作業内容が単純であったり、工程が細分化されている倉庫作業や工場を選ぶと面接したその日のうちに採用の可否が判定されることも珍しくありません。
期間限定のバイトであれば人数を用意することが重要ですから、日本語の受け答えが出来て他人に読める文字を書ければ問題ないという工場もあります。実際に1週間程度働いてから本採用となる工場では、早く勤務開始してもらうことが重要だからです。適性は研修勤務の中で見極めて本採用時のポジションを決めれば良いことになります。

適性検査が必要となるバイトが実は早く始められる

ライン作業では手際が揃った人を集めた方がラインの生産性が上がります。工場では基本的な手際の良さを計測する簡単なテストを実施して、その成績次第で採用有無と配置を決める工場があります。適性検査が必要なバイトの方が実は即日採用となりやすいのです。
よく行われる手際の良さを測るテストには、棒を並べ替える時間を計測する方法があります。両手を均等に上手く使えるかを同時に見ることが出来るので、工場側は質問をしなくても利き腕が把握出来るでしょう。中には両利きという珍しい人もいるので、工場では重宝される存在として即採用が決まります。適性検査に通過すれば、サボらない限りは問題なく仕事が出来るわけですから、面接の翌日からでも勤務出来ます。